FC2ブログ



無垢な瞳に囲まれた生活。。。

Prev  «  [ 2020/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » Next
プロフィール

Author:沙絵
犬と猫との生活


ここから動画が観られます♪







*マロン 16歳 
 2000.9.10生
 男の子ニャン
 (ドラえもん系)

*レオ  15歳 
 2001.8生 (推定)
 男の子ニャン
 (サバトラ)

*夏海  14歳
 2002.8生 (推定)
 女の子ニャン
 (黒)

*すみれ 12歳 
 2004.6生 (推定)
 女の子ニャン
 (サビ) }姉妹
*小雪  12歳 
 2004.6生 (推定)
 女の子ニャン
 (三毛)

*ゆずまる  2歳
 2014.5生 (推定)
 女の子ニャン
 (黒)

*サスケ 10歳
 2006.10.10生 (推定) 
 男の子ワン

*誕生日が推定の仔は
保護した仔です。

*蘭ちゃん 15歳
 女の子ワン
 2001.8.6生
 (福島の被災犬として2011年5月より
 お預かりしています。
 飼い主さんは判明しています。)




虹の橋在住

*ミント
 2001.5.31生
 男の子ニャン
 (2005.4.1虹の橋へ 享年4歳)

*アリス 
 女の子ワン
 2008.6.7 縁あって保健所から来ました。
 (2010.2.19 虹の橋へ 享年15歳)

*チェリー 
 2001.12.9生 
 女の子ワン
(2016.8.7虹の橋へ 享年14歳)












うたかた.。o○

Anniversary

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Web Ring
ブログ内検索
月別アーカイブ

トイレのしつけPART2

さて、声かけ、シーツを続けていますが
今でも排泄は朝、夕のお散歩時に済ませているのですから
家でやるわけありません。

そこで、考えました。

時間がゆっくり取れる日を選んで
強制的手段を取りました!


まず、朝のお散歩(6時ごろ)はいつもどおり行きました。
そして、昼間なるべく水分を取らせました。
蘭ちゃんの場合は、ササミの茹で汁を葛粉でトロミをつけたものを飲ませました。

その子によって味の好みがあるので他の肉や魚がよかったりします。
葛粉でトロミをつけるのは葛には胃腸を整える作用があるからです。

しかし、かなり飲ませるとお腹が緩くなります。

蘭ちゃんは、いつものご飯の入れ物に2杯くらい飲ませました。
お腹がタップンタップンしてました。

それでも、トイレにいきたそうにはしません。
スープを少し追加して飲ませました。

午後2時ごろ、ソワソワが始まりました。
そして、自らトイレのところへ行き排泄してくれたのです♪


こんな風に書くと

わ~っ、簡単♪

なんて思われるでしょうが、トイレを我慢してるんじゃないか?
体大丈夫かなぁ?などこちらとしても気が気じゃありませんでした。

ま、上手くいったのでよかったですが
水分を取らせる量などもいつもと違いますし一時的ですが
お腹も緩くなってしまったりしたので、この方法がベストと言ってよいかはわかりません。
もちろん、病気などで水分摂取量を制限させていたりしたらできませんし。


そんなところもあるので、お勧め!!と胸を張って言えません。

ですが、蘭ちゃんはこれでできるようになりました。

あっ、もしトイレ以外のところでやってしまっても絶対に怒らないでください!
まずは、粗相でも家の中でやってくれたことはスゴイことですから。

蘭ちゃんもトイレが間に合わず1度だけ床にしました。

とにかく、蘭ちゃんの場合は10年近くも外でしてたのですから
当たり前です。
できる方が不思議くらいに思っていました。
10年の習慣を数日で変えようなんて無理です(蘭ちゃんはできましたが)笑

ま、気持ち的には、そう思っていたほうがいいです。
覚えが悪いからと落ち込んだり暗い顔したりせず
できたらラッキーくらいに思える余裕がワンコにも良い影響を与えます。



排泄という行為は、「お手」や「待て」などと違い動作を新しく教えるものではないので
それをコントロールすることは難しいように思いますが、
実は、手を出させて「お手」と教えるのと差ほど変わらないと思います。
ただ先に、相手が行為をしてしまうだけです。
なので、言葉を被せていけば、必ずリンクするようになると思うのです。


それから、シーツに乗ったらとか排泄したらオヤツをあげたり
褒めたりしてもいいかもしれませんが、蘭ちゃんはダイエット中なので
オヤツなしで覚えました。
それに食に執着してるのでトイレのことで褒められたなんて思うわけもなく
とにかく「それをよこしなさい!!」ってことに必死になっちゃうので。

それと、いつも思うんですが、派手に褒めてあげてもワンコは何だかわからないけど
飼い主がやたらにテンション高くない?って感じて冷めてみてるような気がするのです(笑)
なので、わたしはいつも優しくヨシヨシって頭を撫でてあげて褒めます。

これも個体差があるので、その子に合わせた褒め方をしてあげてください。


とにかく基本は、

絶対にしからない!!です。

それでは、以上でインチキトイレ訓練士の話は終わりにしたいと思います!
読んでくださってありがとうございました^^

C

omment


「しからない」は大切ですよね。

うちもコマンド法で練習してたのですが
ムリでした(ノTдT)ノ
お嬢はすごく神経質なので
オシッコのときに声かけをすると
やめてしまったりして
お嬢には向いてなかったみたいです。
お嬢のオシッコのときには
息が止まる思いでいつも見てます。
ってホントに息を止めてるときもあります。
少しでも自分の気に入らないことがあると出来ないし
お嬢にオシッコをしてもらうのに
本当に苦労してます。
家族の中では「お嬢の散歩のプロ」じゃないと
お嬢の散歩は出来ないって言ってます(笑)
家の中で粗相したら「叱る」どころか
「褒める」のになぁ(*´エ`)

とん URL | 2011/05/29 19:49 [ 編集 ]


おしっこ訓練のお話、とても参考になりました。
ありがとうございます。
おしっこ訓練を我が家もやってみようと思っています。
早速夜のお散歩で、『しっこ~』『しっこ~』と掛け声をかけてみました^^
でも、旦那が家で排泄させることにいい顔しないんです。
まずは、旦那の説得からです。
私は仕事をしているので、10時間くらい家を空けます。
お外での排泄だけだと、もっと高齢になったときにとても心配です。
それに、大雨や台風、猛吹雪のときにもお散歩行かねばならず。
10年間1日2回欠かさず散歩してきました。
蘭ちゃんができたんだから、うちのワンもできるかな・・・。

しろっぺ URL | 2011/05/29 23:01 [ 編集 ]

とんさんへ
お嬢ちゃん、そうなんですか!
そこまでデリケートなんですね。
仔犬のときからそうだったのかな?

息を止めるほど・・
その感覚わかります(笑)
うちはトイレじゃなくチェリーがご飯がキライでなかなか食べなかったので
少しでも食べたら、みんなで息を殺して食べ終わるのを待ってました(笑)
今じゃ、考えられないことですが。

でも、家族のみなさんが、ちゃんと理解してあげているので
お嬢ちゃんは安心して出来るのですから良かったですね^^

それに、今は出来なくても年齢がいったら、いろんなことに動じない
デーンとした子になるかもしれませんし、まだまだ希望は持てますよ!
蘭ちゃんやアリスに比べたらお嬢ちゃんは、ずっと若いですから^^



沙絵 URL | 2011/05/29 23:34 [ 編集 ]

しろっぺさんへ
しろっぺさん、読んでくださってありがとうございました^^
そうですか、お役に立てて嬉しいです。
上手くいくといいですね♪

それにしても、10年間欠かさずお散歩しているとは・・
本当に凄いです!
旦那さんの説得が上手くいくといいですねぇ!
祈ってます!!

高齢になったときに室内でトイレが出来ていると
本当に助かります。
なかなか体験しないと実感がわかないかもしれませんが
我が家のアリスは、病気で毎日何度も下痢をしていたのですが
幸い自分でトイレに行ってしてくれていたので
夜中でも起こされることは一度もありませんでした。
たぶん、外でしかしなかったら夜中に3~4回は起こされてたでしょう。

高齢になったらトイレ以外でも食事のことやその他のケアなどで
いろいろ手がかかると思います。
ですから、少しでもお互いの負担が減るように今から準備しておいた方が良いと思います。

そうそう、蘭ちゃんも、そして、放浪犬のアリスも
シニアという年齢でできたのですから、しろっぺさんちのワンちゃんも大丈夫ですよ!^^

沙絵 URL | 2011/05/29 23:50 [ 編集 ]


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
*写真サイト* Fotolia 234banner.gif tag_120x60_white.gif PIXTA